一般社団法人 茨城県トラック協会

トピックス

貨物自動車運送事業法の一部改正について

平成30年12月8日、参議院本会議において、貨物自動車運送事業法の一部を改正する法律案が可決成立しましたのでお知らせ致します。
この度の一部改正は、貨物自動車運送事業の健全な発達及び事業用自動車の運転者の労働条件の改善を図るため、事業の適確な遂行に関する遵守義務を創設するとともに、荷主に勧告をした場合における公表制度の創設等の措置を講ずるほか、貨物自動車運送事業の業務について平成36年度から時間外労働の限度時間の設定がされること等を踏まえ、その担い手である運転者の不足により国民生活及び経済活動の重要な基盤である円滑な貨物流通に支障が生ずることのないよう、標準的な運賃を定めることができることとする等の必要があったことによるものです。

> 「貨物自動車運送事業法の一部改正について」 PDF
> 事業法の改正(概要) PDF
> 貨物自動車運送事業法【法案】 PDF
> 貨物自動車運送事業法【新旧】 PDF

トピックス一覧

トップへ戻る